給料が安くて「生活が苦しい」「趣味に使えるお金が無い」「貯金ができない」そんな方も多いのではないでしょうか?

給料は働く上だけではなく、人生を楽しむ上でも、生活の為にも非常に重要です。

よく、給料が理由で転職すると失敗するという話を聞きますが、それは間違いです。

仕事の対価はキッチリ貰う。

もらったお金を使いたいことに使い、人生を充実させて更に仕事を頑張る。

これが大切なサイクルです。

そこで、今回は給料が少ないという理由で転職する場合の注意点や転職を成功させるポイントを紹介します。

給料が少ないことは転職の大きな理由


給料が少ないことを理由に転職することにネガティブな印象を持っている人も多いでしょう。
ですが、実際は多くの人が給料を理由に転職をしています。

リクナビネクストが調査した退職理由のランキングによれば、転職理由の4位は給料が低いことです。
また、厚生労働省の「雇用動向調査結果」によれば、転職理由の1位は収入が少ないことです。

このように給料が低いことで転職を考えるのは普通の事です。

お金が全てではありませんが、やはり、お金は大事です。

生活水準をあげたい、将来や子供の為に貯蓄をしたい、趣味にお金を使いたいなど色々希望はあると思います。

今の職場、仕事ですぐに給料UPは目指せるでしょうか?

今の職場で仕事を頑張り給料UPを目指すという手もあるでしょう。

しかしそれは現実的でしょうか?

同じ業界でも会社によって給料は大きく変わることもあります。

給料を上げたいならば、転職することが近道でと言えるでしょう。

 

給料が安いと感じるのはどんな理由?


実際に給料が安いと感じるのはどんな時でしょうか?

生活に直結する時

人それぞれ生活水準に違いはあると思います。

現在生活をするのにもカツカツという場合。

今後を見据え貯蓄したいが、貯蓄に回す程余裕がない。

もう少し余裕ある生活、欲しい物をボーナスなどに関係なく買いたい。

このように「今生活が苦しい」「今後の為に貯蓄」「生活水準の向上」といった理由で、給料が安いと感じる人が多いです。

生活に直結する理由であれば、すぐに転職を考えて良いでしょう。

転職する事で生活水準が上がると考えれば、転職活動をしない理由は無いのではないでしょうか?

注意点は生活のための転職ですので、先に現在の仕事を辞めてしまうのは絶対に避けましょう。

生活水準の上がる転職先が見つかってから退職をしましょう。

 

仕事内容の対価として給料が安い

現在の仕事量、勤務時間や仕事への質に比べて給料が安いと感じている人も多くいます。

今ではブラック企業や働き方改革と言った言葉により改善されてきていますが、まだまだ長時間勤務や休みが取れないと悩む人も多いでしょう。

また、自分の仕事への対価として給料が安く感じる。

このような場合も転職を視野に入れるべきでしょう。

転職という選択肢を持つだけで、精神的にも余裕が生まれます。

また、情報収集をするなかで、自分の適正給与や現在の会社が適正なのか?もっと良い会社があるのか?などを知る事もできます。

 

転職する際に注意すべき事


給料を理由に転職する際、注意すべき点がいくつかあります。

 

求人情報を簡単に信じない

求人情報を見ると最大月給が記載されている場合がよくあります。

しかし、ほとんどの場合、この最大の数字をもらうことはできません。

複数の手当てやインセンティブも入れての表記の場合がほとんどです。

基本給や給与の内訳、過去何年かのボーナスの実績などを確認しましょう。

 

給料以外のポイントは?

給料が少ないことで転職する際、給料だけをチェックして転職先を選びがちになってしまします。

しかし、それ以外にも希望があるはずです。

給料は高いが残業が多い、休日出勤が多く家族や趣味、プライベートに使う時間が取れない。
なんて事になってしまい、後から後悔する事もあります。

もちろん給与が高くなれば、仕事内容も大変になる場合もあります。

自分が希望する働き方や、仕事とプライベートのバランスを考え転職先を決めるのが非常に大切です。

 

将来の給与は?

給料を考える時は転職時の給料だけではなく、将来の給与も気にする必要があります。

20代の転職で年収500万円貰える求人があったら飛びつきたくなりますよね。

20代にしては高給取りの部類に入るでしょう。

しかし、40代でも同じ500万が続くのであれば、トータルしてもあまり良い給与とは言えないでしょう。

もし、20代で300万円でも、40代で1000万円になる会社であれば、トータルでは貰える金額が大きいです。

会社により年収の上がり幅は大きく異なります。

必ず確認しましょう。

 

残業、ボーナスの割合に注意

年収が高いとしても、残業やボーナスの割合が大きい会社は要注意です。

このような会社は不景気になると、給料が大きく下がる可能性があるからです。

残業が禁止になったり、ボーナスが大きく減ると年収が大きく減ってしまいます。

基本給が高ければ、年収の大幅ダウンはありません、

 

実際に転職成功させた人はどう転職活動をしていたのか?


転職成功者の多くは転職サイトを利用しています。

まず転職サイトに登録しておくことで、選択肢に「転職」が増えます。

この選択肢があるだけで精神的にも少しラクになります

また。多くの求人を抱えいるからこそ、自分の希望収入や、働き方の希望が叶う企業を見つけられる可能性が高くなります。

「転職サイト」の場合は自分の時間で転職活動を行えるのも大きな利点です。

転職サイトは多くありますが、ココでオススメしたいのは【リクナビNEXT】です。

【リクナビNEXT】には自己診断ツールや、企業からのオファーが来る機能、転職の為のノウハウなど、初めての転職の人も、収入UPを目指したい人も転職成功を後押しする機能が沢山用意されています。

中でも今回はオファーが届く機能が非常に重要です。

自分に興味がある企業からオファーが届くので、

自分が必要とされる仕事は何か?

どんな求人があるのか?

などを知ることができます。

転職というワードがチラつく方はまずは登録してみましょう。

登録は数分で終わりますのすぐに、情報収集に入れますよ。

★リクナビNEXTはコチラから★