●土方の仕事はキツイ
●朝が早い…
●仕事の割りに給料が安い…
●夏も冬も嫌だ…
●知り合いに仕事を聞かれるのが嫌…

 

現在土方等の現場作業の仕事をしている人には、こんな風に思っている人もいるのではないでしょうか?

そんな方は「転職」を考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

土方から転職を考える理由とは?

体力勝負の仕事で肉体的にキツイ

土方の仕事はやはり体力勝負。

体力がある若いうちは良いかもしれませんが、30代以降に体力が衰えてくると非常に辛く感じるでしょう。

20代の人も「この仕事を長くは続けられない」と考える人も多いのではないでしょう?

転職は若い方が有利ですので、まだ肉体的に余裕がある人も、キツく感じてきた人も早く「転職」を視野に入れてもいいのでしょう。

 

危険がつきまとう

土方の仕事と言っても多岐にわたりますが、やはり危険が付きまとう仕事です。

その割には給料が高いわけではないですし、手当も高く付くわけではありません。

 

人手不足、特に若手の不足が深刻

土方の仕事は若手が不足しており、年齢が高い人が割合として多いです。

その為、考えが合わなかったり、古くさい習慣が多く残っている業界です。

その為余計に若手が興味を持たず、抜けていく人は多いのに、入る人が少なく、中々世代交代が進んでいないのが現状です。

 

気性が荒い人が多い

土方として働いている人は気性が荒い人も多く、経営者の中には労働法などもわからないという人もいます。

 

職業を自信を持って言えない

職業差別はいけない事ですし、年々減っていいます。

また、土方は必要不可欠な仕事ではありますが、

やはり自信を持って「土方やってる」と言えない人が多いのではないでしょうか?

土方の場合は資格取得や技術を磨いて職人としてやっていくか、

自営業として会社を経営するか

という選択肢はありますが、転職市場では評価されにくい経歴になってしまう事は知っておきましょう。

 

土方から営業職に転職


土方から転職なんて…

と考える人も多いお思います。

ですが実際に土方からの転職は可能です!職種は世の中に色々ありますが、中でも土方から転職成功させやすいのは営業職です・

 

営業職は最も未経験から転職しやすい

営業職は業界未経験、職種未経験に広く門を開いている職種です。

また、学歴不問の場合も多く、学歴に自信が無くても問題ありません。

 

次の転職、キャリアアップもできる

1度営業職を経験すると、次の転職が非常にラクになります。

営業職は未経験を採用するくらい困っている企業が多いからです。

やはり営業職を採用するなら営業職経験者を採用したいのが企業の本音でしょう。

次のキャリアアップを考えて転職する際もラクになるでしょう。

 

若ければ若い方が転職しやすい

「若い」というのは企業からすると非常に魅力に感じます。

未経験採用をするのですから、企業も研修など一定期間をかけて戦力になるように考えます。

「若い=吸収力」があると企業は考えます。

また、若いほど長く働いてくれると考えますので、魅力を感じます。

 

転職成功の為にやるべきこと


転職を成功させるためには、転職先の希望条件を考え、優先順位を付けましょう。

「収入」
「勤務時間」
「休日」
「残業の有無(許容範囲)」
「勤務地」
「仕事内容」
「手当」
「職場環境」

など上げればキリが無いですが、自分の希望条件を決めておくことで、本当に自分が叶えたい事を再確認できます。

希望条件が決まったら優先順位をつけましょう。

全てが叶う転職先はそうそう見つかりません。

優先順位をつけておく事で転職希望先の中から転職先の優先順位もつける事ができます。

また、絶対に譲れない希望も考えておきましょう。

 

実際に転職成功した人はどう転職活動をしたのか?

では実際に土方から営業職に転職成功した人はどのように転職活動をしたのでしょうか?

それは転職サイトを利用して転職成功をしています。

転職サイトはかなりの数の求人を掲載しています。

掲載企業数を多く抱える転職サイトは自分の希望を叶えるのにとても有効です。

また、「転職サイト」の場合は自分の時間で転職活動や予定調整が行えるのも、大きなメリットになります。

空いた時間で転職活動をする場合が多い為、自分の都合で転職活動ができるのも重要なポイントです。

転職サイトは多くありますが、ココでオススメしたいのは【リクナビNEXT】です。

【リクナビNEXT】には自己診断ツールや、企業からのオファーが来る機能、転職の為のノウハウなど、初めて転職活動をする人や時間があまり無い人も転職成功させる事ができるサイトになっています。

自分の考えている条件に合う転職先がどの程度あるのか?を見てみるだけでも有効です。

また、自己診断をしてみるだけでも今後の転職活動を優位に進められるでしょう。

転職というワードがチラつく方はまずは登録してみましょう。

登録は数分で終わりますのすぐに、情報収集に入れますよ。

★リクナビNEXTはコチラから★