子供がいる女性は、中々転職が難しく、正社員として転職することを諦めている人や、難しいからと転職に踏み出せない人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方の為に、子供がいる方が転職を成功させる方法を紹介したいと思います。

 

子供がいる人が転職成功するには?


実は子供がいる女性を歓迎している企業も多くなってきています。

そんな企業に合わせて強みをアピールしていく必要があるでしょう。

 

採用されにくい事を理解しておきましょう

多くの女性が仕事と家庭の両立に悩んでいます。

企業としても「長く続くのか」「急に休むのではないか」と懸念しており、子供がいる人を正社員として採用するのを躊躇する企業もまだまだ多くあります。

 

子供がいると絶対に不利ではない

現在、企業の考え方も変わってきているのも事実です。

子供がいる人には責任感が強い人が多く、時間の縛りがある中で仕事をしなくてはいけない為、作業効率が良い人や、仕事のやり方を工夫してる人が多い傾向かあります。

そのような事を理解している企業も多くなってきており、積極的に子供がいる人を採用している企業もあります。

そのような求人を狙って転職活動を行うのも手でしょう。

 

よくある質問への回答を準備する

子供がいる人が面接官からよくされる質問があります。

「子供が急に病気をしたらどうしますか」

「仕事と家庭の両立をどうするのですか」

というような質問は絶対にされます。

あらかじめ回答を用意しておきますよう。

その際には具体的な根拠をもたせて回答しましょう。

例えば子供の病気については「子供が病気をしたら休む」と回答したい気持ちはわかりますが、これだとストレートすぎて印象を悪くしてしまいます。

「近所に両親が住んでいる為サポートをしてくれる状況は整えていますが、どうしても予定がつかないなどの場合は、お休みをいただく場合もあるかもしれません」などと答えるのが良いでしょう。

 

希望条件の優先度を明確にする。

採用されたいが為のに希望条件を譲歩したくなる気持ちはわかりますが、希望条件を整理し優先順位をつけておきましょう。

またその際に譲れない条件も確認をしておきましょう。

子供の迎えなどの「時間」や必要な「収入」、子供に絡む「休み」など譲れない条件を決めておく事で、企業を探す際もスムーズになるでしょう。

 

経験や資格を生かせる企業を選ぶ

少しでも条件のいい転職をするには、今までの経験や持っている資格を生かせる職場を探しましょう。

逆に未経験歓迎のような仕事の場合、条件が悪くなることがありますので気をつけましょう。

 

 

転職先を探す際のチェックポイント


実際にに子供がいる人が転職成功させる際に、転職先企業の条件としてチェックするポイントをご紹介します。

 

勤務先は家から近いか

子育てをする主婦(夫)の方は朝から、ご飯やお弁当を作ったり、洗濯物など非常に忙しい身です。

通勤時間に片道1時間以上かかると非常に負担が大きくなってしまいます。

また、子供に突発的な事が起こった際の対応もその分時間がかかってしまう為、極力近い職場を選びましょう。

 

育休産休制度の有無

これから第二子、第三子を考えているのであれば、育休産休の制度があるか、また取得実績はあるか?

を確認しておくと良いでしょう。

中小企業でも制度も取得実績もしっかり整えているとこも多くなっています。

 

勤務時間に融通がきくか

時短勤務やシフトの融通が聞くかも確認しておくべきでしょう。

特にこの条件の優先順位が高い人は無理に正社員にこだわらないというのも1つの手でしょう。

 

子供がいる人がどの位いるか

同じ立場の人が多くいれば、それだけ理解があり働きやす職場という事でしょう。

どの程度いるのか確認しておきましょう。

 

実際に転職成功した人はどのように転職活動したのか?

それは転職サイトの【リクナビNEXT】です。

新卒の就職活動の際に【リクナビ】を使った方も多いのではないでしょうか?

【リクナビNEXT】はその転職版のサイトです。

国内最大級の求人数があり、自分の条件に合った企業を見つけられます。

子供がいる人の場合「勤務地」や「様々な条件」を設定するので、多くの求人を抱えている転職サイトを使うのが成功への近道となります。

また、スカウト機能や自己分析ツール、転職ノウハウなど、充実した転職サポート機能があります。

登録は数分でできる為、まず「転職」が気になるという方も登録をしておく事をオススメします。

★リクナビNEXTはコチラから★