私は大学を中退したので初めての就職は、

それ程悩まずガムシャラに入れるところへ入るしかないと、焦り半分に入社を果たしました。

一生懸命にやればとりあえずどうにかなるだろうと軽い気持ちで働き始めました。

しかし、社会はそれ程甘くはありません。

私の中途半端な気持ちは少しづつ自分への甘えを作っていき、

いつしか私は誰にも自分の心情を語る事なく転職を決意しました。

 

転職の理由

私が務めていた会社はコピー機を販売、リースする会社でした。

そこでの私の仕事は営業としてコピー機を売るという事でした。

入社から数ヶ月以上経つのに一台も売る事ができずに、

上司からの締め付けもどんどんきつくなっていきました。

しかし、私には仕事ができない以上に悩んでいた事がありました。

私が転職を決めた本当の理由は、

自分の小さなプライドが仇となった事です。

些細なミスを繰り返しているのにも関わらず、

分からないことは分からないまま人に聞く事もせずにそのままズルズルとやってきた事が原因です。

きちんとした人間関係ができていれば、

誰かに聞きながら、仲良く仕事をしていく事ができればおそらくやめることはなかったと思います。

私が転職を決意した原因は自分で招いた人間関係の悪化と仕事を覚えられない事でした。

 

転職にあたっての経緯

会社を辞めて私はしばらく何かをする気にはなれませんでした。

これからの会社で上手くやっていけるのか?

また前のようになってしまうのではないか?

と不安ばかりが表面に出てしまい、私は中々転職先を見つけられずにいました。

しかし、そうもしてはいられない事はよく分かっていましたので、

なんとか少しづつ転職活動を始めました。

初めは折り込み記事などからの求人情報などを参照していましたが中々やりたい事はなく、

職業安定所などへも足を運ぶようになっていました。

職安で紹介を受けられる情報は近くで働きたい際などは最も多くの情報が得られやすく、

地方で暮らす私とっては一番の情報源でした。

求人サイトなどでは割のいい仕事や王手の仕事も多いのですが、

地方の地元企業などはあまりそういうところに掲載されていなかったのであまり使わなかったのが実際のところです。

スカウトサービスなどもお受けしたのですが、

私のような実績のないような人間はほとんどが人材サービスからで興味のわく求人などは望めませんでした。

そうこうしながらなんとか何社かの企業を受けました。

そしてその中の一社に強い興味を持ち、

何としても入社したいという意欲が湧いてきたのです。

 

入社を決めた理由

入社を決めた理由は、まず未経験でもきちんとした実習制度が設けられているという事です。

私は高校、大学と理系だったのでプログラミングや電気工学にも多少の知見があったためSEやプログラマーに憧れていました。

しかし大学を中退してしまった私に入社ができるのかが不安であったため、最初の就職活動の時には避けて活動を行なっていました。

恐らくそれが悪かったのでしょう。

さらにこの企業は地元でも有名な王手企業だったため、昔から憧れていた会社でした。

ここでダメだったらその時はこういう業界を諦めようと決意をしてこちらを受けることを決めました。

 

入社の際にどのような試験があったか?

最初に1次面接がありそれが通ると2次面接はグループ面接でした。

さらにその後に筆記テストを受けました。

このテストは独特なテストでロボット工学の基礎をテストするような内容でした。

さらにその日のうちにまた別な面接官と3次面接を行いこれで通ると内定をもらえるという内容でした。

 

面接時の雰囲気

面接官はいかにも厳しい方!というような雰囲気も無く。

常に笑顔を含ませながらにこちらの動向を鋭く突いてくるような方でした。

グループ面接においても自らの発言力と、グループ内での調和能力を討論の末に見られたという感じです。

最終面接の時には恐らく採用が決まりつつあるという感じでの面接でした。

この会社で新たな部署を作り、その部署の一号生としてこの部署を作っていける人間を探していたのです。

そして私にそれをやり抜く意思があり、やり抜ける人間であるのかの確認でした。

私は何がなんでもやってやるという気持ちで必死に面接官の質問に答えました。

 

転職をして私の変化

私は現在もその会社で働いています。

すでに入社から13年が経とうとしています。

新しい部署であったからみんなで必死にその部署での職務をやり遂げるために切磋琢磨してきました。

おかげで前職のように人間関係に悩むことなく、皆とも良い関係を築いてこれました。

私生活も、仕事も忙しく楽しい人生を過ごしていると実感しています。

 

まとめ

前職からの転職までの期間は3ヶ月ほどでした。

恐らく期間としてはかかったでしょう。

しかし、多少の余裕をみて自分なりに納得する企業と出会えたのでこの余裕が良かったと思います。

また、自分自身がやりたい道であったということが一番に大きいです。

自分に何ができるかを悩むのではなく、何がしたいのか自分に正直に生きるべきです。

私は転職を契機にそう思いました。

 

他の転職体験談はコチラ

【転職体験談】